上記ボタンより登録すると視聴用のリンクが届きます。

 オンラインプログラム

今年は、各方面で活躍されているみなさんに、「コミュニケーションとリーダーシップによる社会貢献」というテーマでプログラムの作成をお願いしました。
 
単なるテクニックの話ではなく、あなたの人生に深い意味をもたらす多くの気づきが得られる時間になると今からワクワクします。

大会委員長 石原堅 

基調講演 「自分が輝くことで周りも輝く人生を!」

5月22日 11:00 - 12:00  言語:日本語
ひぐちまり
エンパワメント プロデューサー

日本とモナコで哲学をバックボーンにセミナー、イベントを開催。

1980年、モルガン銀行東京支店の金利ディーラーとして働く。

1985年、数千億円単位の地域開発をする建築企画会社に転職、専務取締役に就任。
「世界から飢餓で死んでいく子供をなくす」ことを目的としたニューヨークに本部を置くボランティア団体「ハンガープロジェクト」を支援する社長を支え国内外でイベント、パーティを行う。
ジミー・カーター第39代アメリカ合衆国大統領を迎えたプライベートレセプションを担当する。

1989年自身の結婚式をプロデュースする。
チャリティーパーティスタイルとし、集めた寄付約300万円をハンガープロジェクトと一般財団法人あしなが育英会に寄付をする。その後、ブライダルプロデュース会社を設立、日本初のウエディングプランナーとして23年間で1万組をプロデュースしブライダル業界のレジェンドと呼ばれている。


著書・監修書籍15冊、累計販売部数34万冊、ガイアの夜明けをはじめとするテレビ出演20回以上。

Keynote speech

5月23日 11:00 - 12:00  言語:英語
International President, Richard E. Peck
For over 30 years, Richard was a senior member of the network support division at AT&T. The Seymour, Connecticut resident led cross-functional teams to successfully deliver million-dollar high-tech projects.Outside of Toastmasters, Richard has served as a club president and lieutenantgovernor for Kiwanis International, is a member of Lions Club, and has also worked in various capacities with the Catholic War Veterans. He is also a commissioner on a local government board. Richard is also a professionally licensed race car driver and in his limited spare time can be found at the racetrack as either a driver or spectator.A Toastmaster since 2006, Richard is a member of Nutmeg Toastmasters Club in Woodbridge, Connecticut and is also currently a member of Park City Toastmasters Club in Stratford, Connecticut.

教育プログラム

自分の人生は自分でデザインできる

5/20  21:00 - 22:00 言語:日本語
金本麻理子
都内私立幼稚園教諭18年、在宅訪問介護士15年を経て現在はケアリングコーチとして医療・福祉従事者、教育者を中心にサポートしている。
30代の頃に大好きな祖母の死をきっかけに欝を発症。心と身体のバランスを失っていた時に、アメリカ映画「パッチ・アダムス」のモデルとなったDrパッチに出逢い人生の転機となる。
現在Clown one Japan というクラウングループの代表を務め、全国の高齢者施設、病院、児童養護施設、被災地などを訪問している。トーストマスターズ決勝大会記念スピーカーとしても登壇。医療・介護の現場で活躍する「クラウン・アンバサダー・ベーシック講座」のクラスを2016年4月よりスタート
2019年 TEDXNamba登壇

ユーモアはあなたの中にある

5/19  20:00 - 21:00  言語:日本語
草刈マーサ
ユーモア コミュニケーショントレーナー
米国ユーモア応用治療協会(AATH)公認ユーモアプロフェッショナル 
CHP( Certified Humor Professional)
シニア英会話講師
傾聴を広める団体「アクティブリッスン」専任講師
ラフターヨガリーダー
著書『ユーモアコミュニケーション~場の雰囲気を一瞬で変える』
2015年トーストマスターズ日本語全国スピーチコンテスト優勝
8年半のアメリカ生活でユーモアの大切さに気づき、ユーモアを本格的に学び始める。その後独自のプログラムを開発し、ユーモアコミュニケーションクラスを立ち上げる。
本名は草刈正子

self-esteem 「心の免疫力」

5/20  20:00 - 21:00 language : English (日本語)
Miyuki KOBAYASHI / 小林みゆき
A small secret that makes you happy. Here is an answer that I arrived at after decades of trial and error.

幸せになれる小さな秘密。何十年という試行錯誤の末にたどり着いた答えをご紹介します。


Miyuki Kobayashi is a certified facilitator for a self-esteem workshop, translator, and an instructor for English school in Nakano. Her purpose is to live her life with love and harmony by sharing the positive energy through her workshop and paintings.

セルフエスティームワークショップのファシリテーター。朝のルーティンは瞑想、モーニングページ、そして水彩イラストを描くこと。(気に入った名言とともに、ほぼ毎日インスタに更新中)。愛読書はニールドナルドウォルシュの『神との対話』。今ハマっているのは、夏目漱石と七本指のピアニスト西川悟平。

To be an international business person

5/19 21:00 - 22:00  Language : English
Mitsuru SATO
1985.4: Posted President & CEO, Honda Cars Thailand, Bangkok,Thailand
1994.3: Headhunted by as President , CEO, VW-Audi Japan Co.(VW Group Japan), Ltd.Tokyo
1998.9: Headhunted by GM as President , CEO, General Motors Japan Co., Ltd.Tokyo
2002.6: Establish own company, Sato Mitsuru International Management &Agriculture Inst. (Lectures and seminars –about Management and Leadership)

日英スピーチコンテスト

スピーチコンテストは、Toastmasters 教育プログラムの重要な部分です。スピーチコンテストは、トーストマスターがスピーチ体験を積む機会を提供するだけではなく、スピーチに秀でたトーストマスターを観察して学ぶ機会を提供します。誰もが初めからスピーチが上手かったわけではありません。練習に練習を重ね、トーストマスターという安心安全な場でフィードバックを受けながら徐々にスピーチを磨いていきます。
クラブでの予選に始まり、2段階の地区予選を勝ち抜いた言語別に10人ずつのコンテスタントがオンラインでそれぞれの自宅からの映像で競い合います。

*添付の映像は2020年のものをご紹介しています

2021日本語スピーチコンテスト
5月22日 13:00 - 16:00

2021 International Speech Contest
5月23日 13:00 - 16:00

トーストマスターズとは

普段の活動の様子をご覧ください
トーストマスターズとは、体験学習を通じてパブリックスピーキング、コミュニケーション、リーダーシップを学ぶプログラムです。

クラブが使う言語はクラブによって様々で、英語、日本語、中国語、フランス語、イタリア語などのクラブが日本にあります。

プログラムは100年以上の歴史

Ralf C. Smedleyによるトーストマスターズクラブの創設
今から100年以上前、米国イリノイ州のYMCA(Young Men's Christian Association)教育ディレクターだったラルフC.スメドレーは、YMCAの若い人々が、話し方、会議の実施、プログラムの計画、委員会での仕事の仕方などを学ぶ必要があると考えました。
そこで スメドレーは、社会環境でこれらのスキルを学ぶことができるクラブを組織することを決定し、彼らを支援するために、スピーキングクラブとして始め、若い人々はそのコンセプトを歓迎しました。スメドレーはそのグループをトーストマスターズクラブと名付けました。 「トーストマスター」とは、宴会などで乾杯をする人を指す通称でした。

最初の非公式のトーストマスターズクラブの例会は1905年3月24日に開催されました。内容は今日のトーストマスターズの例会と同じように参加者が自ら例会を企画・運営し、スピーチをし、そのスピーチに対してフィードバックするというものでした。